中小零細企業にはなぜ「●●の専門デザイナー」より「企画デザイナー」が必要なのか?

 

デザインと企画デザインの違いとは??

今日はデザイナーの中でも「企画デザイン」について書いてみたいと思います。

私が「御社のデザイン企画室」と謳っているのは自分なりのこだわりです。

なぜなら、私は「デザイン企画室」として働いていたからです。

企画デザインでも、デザイン企画でもどちらでもよいのですが、デザイナーというとグラフィック

デザインやプロダクトデザインが思い浮かび、意外と「企画デザイン」は知られていません。

「デザイナーさんなの?何のデザインしているの?」と毎回訊かれます。

はじめの頃は、それが何となく嫌でした。

商品企画もやっているし、自分でデザインもするし、販促物も制作している。

色々とやっているので「これだけをデザインしている」という感じではなかったからです。

ですが、色々と経験してきた中で、「あ、これが企画デザインなんだ。」と思うことができました。

企業にもよりますが、○○デザイナーは、○○に特化しています。

例えばデザイン事務所などに所属しているとこの○○デザイナーになる確率が高いと思います。
(中には色々と幅広くやっているデザイナーの方もいるとは思います。)

では、デザイン企画は何なのか?

デザイン企画は、例えば商品企画、マーケティング、商品デザイン(ここは依頼する場合もあるかもしれません)、販促、展示会、などトータルに携わる率が高いです。

なので、企画デザインはメーカーに特化していると言ってもいいかもしれません。

社内で一貫して仕事を請け負っている状態です。(大企業は細分化されていると思います)

もちろん状況によっては専門のデザイン事務所に依頼することもあるでしょう。

しかし、その場合もディレクション的な役割をすることになります。

黙々とデザインをしているというよりは、他部署との連携も大切になります。

もしかすると、○○デザイナーをしていた人(例えばグラフィックデザイナー、プロダクトデザイナー等)がデザイン企画に入ると、「なんでこんなことまで自分がしなくてはならないのか!?」と思うことになってしまう可能性もあります。

中小零細企業がデザイナーを雇いたいと思った時にここを気を付けないと、ミスマッチが起きてしまいます。

そのことについてはまた改めて書いてみたいと思います。

中小零細企業にはなぜ○○デザイナーより企画デザイナーが必要なのか?

社内でどんなことをして欲しいのかを明確にしておく必要がありますが、先ほども書いたようにただデザイナーと書くとミスマッチが起きやすくなります。

社内でデザインのことに関してトータルで携わって欲しいならば、企画デザインまたは、デザイン企画等としておくことをおすすめします。

中小零細企業では、一人が様々なことを兼務しなければならないこともあります。

そんな時に、例えば「私プロダクトしかしてこなかったので、他のデザインの仕方はよくわかりません」より、「試作品作りましたよ!では素敵に写真撮ってカタログも作ってどんどん売りましょう!」という方が早いし、一貫性があってイメージも統一されます。

また、中小零細企業はスピード感が魅力の一つです。

最終的にお金をかけて綺麗なカタログやイメージ・写真集を制作するのはもちろんいいとは思いますが、それを待っていては時間がかかるばかりです。

そこを柔軟にこなしていけるのがデザイン企画の魅力の一つだと私は思っています。
また、それにはそれなりの経験も必要になってきます。

デザイン企画は縁の下の力持ち的な役割で、中小零細企業に大変貢献できるデザイン職の一つなのです。

さて、御社はどのようなデザイナーをお探しでしょうか?

 

ご相談等、下記より送信いただけます。

問い合わせ種別(必須)
見積もり依頼お仕事の依頼制作に関するご相談コラボレーションのご相談その他のお問い合わせ

お問い合わせ内容(必須)

御社名(任意)

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

電話番号(必須)

メールアドレス (必須)

郵便番号(任意)

住所(任意)

【メッセージの確認】

お問い合わせの内容が宜しければチェックしていただき送信ボタンを押してください。